大江戸徒然日記

大阪に生まれ育った中年男ですが、転勤で東京にやって来て、早くも11年目になりました。東京スカイツリーを毎日マンションの窓から眺めて、過ごしています。 主に日々の出来事やデジタルデバイスについて綴っていきます。なお、PCはVaio Pro11、スマートフォンはiPhoneSEとXperia Z5compact、そしてCASIO最後のガラケーの名機CA007も使っています。

昨年の10月に、Xperia Z1の電源が逝ってしまった話題をブログに書き込んだが、先週の関西出張中に家に置きっぱなしにしていたXperia ZL2の充電ができなくなってしまい、結果として電源が入らなくなってしまった。

XperiaZL2


6月にはXperia A2も同じくような症状で逝ってしまった。具体的には、まずマグネット式の充電端子からの充電ができなくなり、次にUSBからの充電もできなくなる。USBにACアダプタを接続すると、充電中を示す「赤いLED」が点灯するが、しばらくすると消灯してしまって、まったく充電ができていない状態のままになってしまう。

WEB上でもこの時代のXperiaの電源まわりの不都合がたくさん報告されている。もっとも、Xperia A2もZL2もヤフオクで相場よりかなり安価に入手した白ロムなので、致し方ないのかもしれないが、Xperiaの中古には要注意ということだ。自分の経験では、国内キャリア版で、(スペック的に限界となって)最後まで使えたのは、新品で購入したDoCoMoのXperia rayだけだ。

ところが、グローバル版は、Xperia mini、Xperia U、Xperia M、Xperia SPといずれも電源まわりの不都合の経験はない。キャリア仕様のプリインストール・アプリがなかったり、簡単にrootが取れるので、Sony製のプリインストール・アプリも削除して軽くしているのがいいのかもしれないが、この差は何だと言いたくなってしまう。 

こんな状況では、一般人には端末の不都合が少ないiPhone一押しになってしまうのもやむを得ない。 

最近、ChromebookのASUS chromebook Flip C100PAを手に入れた。

ASUS chromebook Flip C100PA


Amazon USAから購入したら、英国のEU離脱騒動の一時的な円高のおかげで国内販売よりも性能がいい(内部メモリが2MB→4MB)ものが安価に入手できた。注文から到着まで5日程度だし、特にむつかしい英語もいらないので、楽勝だった。

使用感は、意外とサクサク動くし、Androidのアプリも使えるようなったので、Microsoft officeのAndroid版でオフラインでもWordやExcelのファイルがいじれるので便利だ。

とはいっても、基本的にはネット接続が原則のchromebook、LTEでの常時接続ができるようにSIMスロットがあれば、格安SIMでの運用ができるのだが、今のところはそんなモデルはない。 したがって、Wi-Fiルーターは不可欠なのだが、これもせめてBluetooth接続ができれば、消費電力が少ないのでほぼ常時接続環境が構築できるのだが、今のところはWi-Fi接続しかできないので、ルーターの電池があまり持たない。

なにか、あと一歩の感がまだ強いが、うまくこのあたりがクリアできるとタブレットにはない、キーボード入力という強みがあるので、我々の昭和世代にはブレイクすると思うのだが、どうだろうか?

このページのトップヘ